嫁が妊娠したと思ったら出産までに必ず読む漫画①

こんにちは、ニッタチャンです。

今回は、イクメンが読むべき「必読漫画」を紹介します。

「赤ちゃんができたかも!」となったら、Amazon楽天でスグ買いましょう。

イクメン化計画奮闘日記』という漫画を。

これです。

夫イクメン化計画奮闘日記 (楽しく学べる学研コミックエッセイ)

夫イクメン化計画奮闘日記 (楽しく学べる学研コミックエッセイ)

色々な育児漫画が世に出ていますが、嫁の苦労が男性にも分かりやすく書かれているという点では ナンバーワンのコミックだと思います。

漫画家の嫁(ママとしては普通レベル)と、不細工だけど普通の娘さん、そして、ダメ人間すぎるイクメン旦那の3人を中心に描かれています。

「この夫はダメすぎる」と酷評されているようですが、イクメン初心者としてはこれくらい誇張されている方が頭に入ってきやすいです。

そして、描かれているトラブルの数々は「相当リアル」なケースばかりが取り上げられているため、ノーマルな育児を疑似体験することができます。

マンガとしても結構オモしろいので、買って損はありません。

・・・あと、もう一つ必ずやるべきことがあります。

・・・この本を買ったら必ず嫁にも読ませましょう。

「うわー、これひどいよね」

「こういう掃除くらいやってほしいなぁ」

「意外とうちの子成長早くない?」

・・・等と、同じ漫画を読むことで夫婦コミュニケーションのネタが1つ増えます。

そして、ヤバい/ヤバくないのモノサシを共有できるため、非常に便利。

ベースがダメ夫なので、嫁がこれを読んでもそんなに無茶振りはされない。

そして面白い。

また、実は、本書はイクメンパパだけでなく、ママさんにも読んでほしい本です。

ママさんが見るべきは「旦那をうまく使うコツ=大げさにホメる!」というテクニックです。

男性は基本アホです。

褒められれば「マジで~」とか言いながら皿洗いします。

ママは女優です、女優になりましょう!

最後に、私自身が育児をしていてなんとなく感じたのですが、

漫画の中で娘さんが不細工な顔で「ギャー!」と泣きます。

そのとき、読み手(私)も「イラッ」っとすることがありました・・・

しかし、この「イラッ」は、自分の子供を育児する時に感じるイライラとほぼ同程度です!

めちゃわかりやすい。

漫画は良い娯楽です、嫁とイクメンは楽しく育児しましょう。

幸せなイクメン生活を!

でわでわ。

夫イクメン化計画奮闘日記 (楽しく学べる学研コミックエッセイ)

夫イクメン化計画奮闘日記 (楽しく学べる学研コミックエッセイ)