Amoji(アモジ)のおすすめ色とサイズの選び方(オフィス内履き、ビジネスサンダル・スリッパ)

こんにちは、大佐です。

先日、メンズ用ビジネスサンダルの記事を書きました。

メンズ「ビジネスサンダル」のおすすめブランドを5つ紹介【オフィスで履き替え】

その時に革靴タイプのビジネスサンダルをオススメしていましたが、ビニルタイプのビジネスサンダルとして「Amoji(アモジ)」を推奨していました。

人気の商品なので、今回、実際に買って使ってみて履き心地をレポートしました!

Amoji(アモジ)ってそもそも何?

Amoji(アモジ)はサンダルの1種です。

一言でいうと、

究極の便利サンダルです。

それがアモジ。

元々は生活・スポーツ用途に開発されたサンダルで、

スッと履けて、疲れず、便利なこと」をコンセプトにして作られています。

大きな特徴として、軽量で、通気性が良く、履き心地がよいという点があり、かなり人気の商品となっています。

アモジの長所と短所は?

アモジは「軽い」

アモジの特徴と言えば「軽い」です。

購入してみると分かりますが、他のサンダルと比べてもかなり軽いです。

アモジの重量は約150gです!(一番軽いシリーズだと110g)

普通のサンダルが約200g、スニーカーは約300g、革靴が約400gです。

こう比べてみるとかなり軽いことが分かりますね。

軽さは履くときだけでなく、持ち運びにも便利です。通勤の時に持っていても負担になりません。

実際に履いてみると、本当に軽いことが分かります。

アモジは軽量で柔軟性のある合成樹脂「EVA樹脂(エヴァじゅし)」を用いています。

軽量で柔軟であるだけでなく、安全性と環境への優しさも配慮しています。

アモジは「通気性が良い」

アモジは「通気性が良い」です。

言い換えると、「蒸れない」のです。

実際に近くで見てみると、細かいメッシュ構造になっていて、汗や体温を逃がしてくれます。

特に夏場にかなり重宝します。

また、足の甲だけでなく、足の裏も蒸れにくい構造になっています。

インソールがデコボコ構造になっていて、足のウラがべたつきにくくなっています。

デコボコがあることで、滑りにくいようにもなっています。

アモジは「履き心地がよい」

アモジは「履き心地がよい」です。

何故なら、日本人の足の型に合わせて作られているからです。

日本人の足に馴染む、ほどよく幅広で甲高の足型を使用しています。

もちろん、インソールのデコボコや、軽量なところも履き心地に一役買っています。

EVA樹脂のため、非常に柔軟性が高く、足を曲げても苦になりません。

アモジは「滑りにくい」

アモジは「滑りにくい」です。

ビニル系のサンダルでよくあるのが、滑って転んでしまうことです。

アモジはそこも設計されていて、滑りにくい構造になっています。

裏面はしっかりデコボコ構造になっています。

アモジは「オシャレ」

アモジは「オシャレ」です。

下手なクロックスもどきを購入するよりオシャレです。

靴の頭頂部にはブランドロゴデザインがマークされています。

また、ソールの全体に横一本のホワイトラインがあり、とってもオシャレです。

どちらかというとフォーマルよりカジュアルな雰囲気です。

アモジは「ソールが薄い」

アモジの唯一残念だと思う部分は「ソールが薄すぎる」ことです。

地面の凹凸を感じやすいですし、地面が熱いとソールが熱くなりがちです。

長時間歩く用途には作られていないようです。


(アモジ) Amoji サンダル スリッパ ルームシューズ クロッグサンダル サボサンダル ビジネスサンダル オフィスサンダル ビーチサンダル ベランダサンダル 便所サンダル 室内履き ファッションサンダル スポーツサンダル 通気 メンズ レディース (26.0cm, グレー)

クロックスとアモジの違いは?

ライバルは「クロックス」

ビニル製のサンダルと言えば「クロックス」です。(模倣品も沢山ありますが)

正直、アモジとクロックスってかなり似てます。

どのような違いがあるのでしょうか?

まずは見た目で比較してみましょう。

上がクロックス。

下がアモジです。

パッと見ではそこまで変わらないように見えますが、3つほど違いがあります。

違い(1)かかとカバー

クロックスにはかかとカバーがあります。

一方、アモジにはかかとカバーがありません。

サンダルを履いたまま車を運転したいという人にとっては、クロックスの方が良いでしょう。

実際に東京都や大阪府の条例では、かかとを止める機能のないサンダルや下駄、スリッパ等を履いて車を運転すると道路交通規制違反に該当してしまう場合があるようです。

違い(2)通気性

メッシュ構造には違いがあります。

アモジの方が細かいメッシュ構造になっています。

インソールの足裏という意味ではクロックスもしっかりしていますが、足の甲からの汗ムレについてはアモジに軍配が上がると思います。

それほどまでにアモジは快適です。

違い(3)履き心地

アモジは日本人の足型に合わせて作られています。

クロックスは全世界共通なので、足型も欧米含めて考えられています。

アモジの方が日本人の足には合います。

クロックスだとつま先が細いとか、甲がもっと広ければ良かったという話を聞きます。


(アモジ) Amoji サンダル スリッパ ルームシューズ クロッグサンダル サボサンダル ビジネスサンダル オフィスサンダル ビーチサンダル ベランダサンダル 便所サンダル 室内履き ファッションサンダル スポーツサンダル 通気 メンズ レディース (26.0cm, グレー)

内履き?外履き?

アモジは、内履き、外履きの両方が推奨されています。

内履き

個人的には内履きを推奨します。オフィスサンダルとしては最適です。

夏は涼しいし、ソックスを入れて履けば冬でも問題ありません。

もちろん、家の中で履いたり、ベランダで使ったり、トレーニングジムで使うのもおすすめです。

外履き

一番のオススメは「家でコンビニ行く用途」で玄関に1足おいておくことです。

夏場のウォータースポーツ向けには良いと思います。

山登りやウォーキング等にはあまり向いていないと思います。

おすすめの色は?

アモジはカラーバリエーションが5色あります。

  1. グレー
  2. ブラック
  3. ホワイト
  4. レッド
  5. ネイビー

個人的なオススメは「ネイビー」です。

単品で一番オシャレだからです。

①無難に済ませたい人 →ブラック

②無難だけどちょっとオシャレ感も出してみたい人 →グレー

③少し個性を出してみたい人 →ホワイト

④目立ちたい人 →レッド

⑤オシャレに履きたい人 →ネイビー

こういった基準で選んでみてはどうでしょうか。

サイズの選び方は?

サイズの選び方は「足のサイズ+0.5cm」がおすすめです。

アモジはジャストフィットだと少しキツい感じがします。

ですが、2サイズ上(+1cm)だとぶかぶかになってしまいます。

なのでオススメの選び方は1サイズアップ(+0.5cm)です。

1足は持っていた方が良い

アモジは1足は持っていた方がいいシューズです。

早めに購入すればするだけ、生活レベルが向上します。

そこまで高い買い物でもないので、まず1回は購入しましょう。


(アモジ) Amoji サンダル スリッパ ルームシューズ クロッグサンダル サボサンダル ビジネスサンダル オフィスサンダル ビーチサンダル ベランダサンダル 便所サンダル 室内履き ファッションサンダル スポーツサンダル 通気 メンズ レディース (26.0cm, グレー)