うつ病の30代の転職は可能か?辞める前に知るべき転職・再就職対策

30代でうつ病になったらまず療養を!

うつ病はいきなりやってきます。

仕事が辛いとき、家庭に問題があるとき、自分の心と体を蝕みます。

ちょっと体調が悪くなって「あれ、うつかな?」と思ったら、すぐに病院に行きましょう。

また、すでにうつ病診断を受けている人は、必ず療養しましょう。

うつにはまず療養。これが第一です。

理想としてはうつ病が完治するまで療養することがベストですが、生活があるためなかなかそうもいきません。

人によっては完治に数年かかることも視野に入れましょう。

30代でうつ病になった人の選択肢

「うつ病になった、ああもうだめだ、退職しよう・・・」

そう考えてしまうのは間違いです。

理由としては、うつ病で退職すると再就職が厳しくなってしまうからです。

どうしても今の会社が合わないという場合は下記のステップを踏みましょう。

  1. 休職
  2. 復帰
  3. 仕事しながら転職活動
  4. 転職(退職)

注意点として、今の職場にパワハラやセクハラがあって、早く会社から逃げないと精神的におかしくなりそうだと思うのであれば、即刻辞めても良いです。

私の同僚で「大企業サラリーマンだから辞められない、でも上司がパワハラ」という状態になってしまい、数年かけて徐々にメンタルが病んでいきました。そういう状況は良くないと思います。

30代でうつ病になっても転職成功させるコツ

うつ病になっても成功するコツがあります。

  • しっかりと療養する
  • 貯金を300万円確保
  • 専用の転職サイトで転職する

しっかりと療養することが重要であることはお話ししました。

もう一つが貯金です。

貯金が手元にゼロ円だと、正直、うつ病を治すどころではありません。

もし厳しいのであれば、親元等に頼ってもいいと思います。

できれば300万円確保しましょう。

300万円あれば最低1年は生活できるからです。

子供がいる場合500万円が望ましいですが、上を望みすぎると厳しいため、まずは300万円です。

次が「うつ病専門の転職サイトで転職活動する」です。

うつ病専門の転職サイトだと、

  • うつ病の人の合格率が高い
  • うつ病への理解が良い
  • スキルが無くてもサポートしてくれる

こういったメリットがあります。

ただし、普通の転職サイトやエージェントだとそういったうつ病への理解度は分かりません。

なので専用の転職サイトを使います。

おすすめなのがシゴトライです。

うつ症状専門の就労移行支援【シゴトライ】

うつ病を受け入れてくれる会社の特徴

うつ病を受け入れてくれる会社の見分け方は3つあります。

  • 定着率が良いとうたっている
  • 書類選考を通してくれる
  • 事業所見学可

こういった特徴を持っていれば、うつ病に理解のある会社です。

こういった会社は大手企業のグループ会社などと提携している場合が多く、意外と給料も高いケースが多いです。

下手に普通の転職サイトやエージェントを使うと「こいつは病気だから」と安い転職案件しか紹介してくれなくなるリスクがあります。専門会社に相談する意義は十分にあります。

うつ病が完治したなら普通の転職サイトもあり

当然、うつ病が完治して医者からも「OK」と太鼓判を押されたら、普通の転職サイトやエージェント経由で転職活動するというのも十分にアリです。

その場合は色々な転職サイトやエージェントに登録しましょう。

転職初心者向けで、転職先の幅が広いマイナビエージェント経由で登録してみるのがおすすめです。

まとめ

もし今あなたが会社を辞めるかどうか分からなくても、転職サイトに登録しておく意義はあります。

大手メーカーなどへの就職をサポートしてくれるような専用の転職サイトに登録しましょう。


↑↑↑ クリック